AI外観検査導入マニュアル -がいかん DX-
AI外観検査導入マニュアル -がいかん DX- » 目視検査とは » 画像認識

画像認識

このページでは、製造業における画像認識技術の基礎、その導入ステップ、メリット・デメリット、応用例、そしてAIやIoTの進化による今後の展望について詳しく解説しています。。

画像認識技術の基礎

画像処理

画像処理は、デジタル画像を操作してその情報を改善または抽出する技術です。これには、画像の補正(明るさやコントラストの調整)、フィルタリング(ノイズの除去やエッジの強調)、セグメンテーション(画像の領域分割)などが含まれます。

機械学習

機械学習は、コンピュータが経験から学習し、その学習結果を用いて予測や判断を行う技術です。画像認識においては、大量の画像データから特徴を学習し、新たな画像がどのカテゴリに属するかを予測します。

深層学習

深層学習は、機械学習の一種で、人間の脳の神経回路網を模倣したニューラルネットワークを用いて学習を行います。特に、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は、画像の局所的な特徴を抽出する能力があり、画像認識に広く用いられています。

これらの技術を組み合わせることで、画像からの情報抽出、画像の分類、物体の検出、画像の生成など、様々な画像認識タスクが可能となり、自動運転、医療画像解析、顔認識など、幅広い分野で活用されています。

画像認識の導入ステップ

画像認識技術を製造現場に導入するための具体的なステップは以下の通りです。

目的の設定

まずは何を解決したいのか、どのような目的で画像認識技術を導入するのかを明確に設定します。例えば、品質検査の自動化、欠陥検出の精度向上などが目的となるかもしれません。

データ収集

画像認識技術の学習には大量の画像データが必要です。対象となる製品や部品の画像を多角度から撮影し、正常品と不良品の両方のデータをバランス良く収集します。

データ前処理

収集した画像データに対して、ノイズ除去、リサイズ、正規化などの前処理を行います。これにより、画像認識の精度を向上させます。

モデルの訓練と評価

前処理を行ったデータを用いて、画像認識モデル(例えば、深層学習のモデル)の訓練を行います。訓練後は、未知のデータを用いてモデルの性能を評価し、必要に応じてパラメータの調整を行います。

システムの導入

訓練と評価を終えたモデルを実際の製造現場に導入します。導入には、カメラや照明、コンピュータなどのハードウェア設備、そして画像認識モデルを動作させるソフトウェアシステムが必要です。

システムの運用と改善

システムの導入後は、その運用と改善を継続的に行います。運用中に新たな問題が発生した場合や、更なる精度向上を目指す場合は、追加のデータ収集やモデルの再訓練を行います。

以上のステップを通じて、画像認識技術の導入は行われます。

これらのステップは一方向ではなく、反復的に行うことでシステムの性能を向上させることが可能です。

画像認識のメリットとデメリット

画像認識技術の導入による製造業へのメリットとデメリットについて説明します。

【メリット】

効率化

画像認識技術を用いることで、人間が行う検査作業を自動化し、大量の製品を高速に検査することが可能となります。これにより、生産効率を大幅に向上させることができます。

精度向上

人間が見落とす可能性のある微細な欠陥も検出できるため、品質検査の精度を向上させることができます。また、検査結果のバラツキを減らすことも可能です。

コスト削減

人手による検査作業を減らすことで、人件費を削減することができます。また、欠陥製品の早期発見により、リワークや廃棄のコストを削減することも可能です。

【デメリット】

初期投資コスト

画像認識システムの導入には、カメラや照明、ソフトウェアなどの設備投資が必要です。また、システムの設計や導入、運用に関する人的リソースも必要となります。

技術的な課題

画像認識技術は、照明条件や背景、対象物の変動などに影響を受けやすいため、これらの条件を適切に制御する技術が必要です。また、新たな製品や欠陥に対応するための追加学習やパラメータ調整も必要となります。

データの管理

大量の画像データを取得、保存、分析するためのデータ管理システムが必要となります。また、データのプライバシーやセキュリティに関する問題も考慮する必要があります。

以上のように、画像認識技術の導入は多くのメリットをもたらしますが、その一方でデメリットも存在します。これらを踏まえた上で、適切な導入計画を立てることが重要です。

製造業における画像認識の活用事例

自動車部品の欠陥検出

自動車部品製造企業では、製品の微細な欠陥を検出するために画像認識技術を導入しました。高解像度のカメラで撮影した製品の画像を、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いた深層学習のモデルに入力し、欠陥部分を自動的に検出します。このシステムは、製品の表面に存在する微細なひび割れや、塗装の不均一など、人間の目では見落としがちな欠陥も検出でき、製品の品質向上と不良品によるリコールコストの削減が実現しました。

電子部品の組立検査

電子部品製造企業では、ロボットによる自動組立後の検査に画像認識技術を導入しました。組立られた部品の画像を撮影し、画像認識により部品の位置や向き、欠けや傷などの異常を検出。これにより、組立の精度を向上させ、リワークや廃棄のコストを削減することを実現しています。

食品製造の品質管理

食品製造企業では、製品の色や形状、大きさなどを検査するために画像認識技術を導入。製品の画像を撮影し、画像認識により製品の品質を自動的に評価を行うことで製品の品質を一貫して保つことができ、消費者の信頼を獲得することができています。

今後の画像認識技術の展望

最後にAIやIoTの進化による画像認識技術の可能性や、今後の製造業における画像認識の活用についての展望について記載します。

AIの進化

深層学習の進化により、より複雑な特徴を抽出でき、微細な欠陥検出や複雑な物体認識が可能となります。また強化学習の進化により、ロボットの動作制御や最適な検査ポイントの選定など、より高度な判断が可能となります。

【特集】AI外観検査のデメリット
について詳しく見る

IoTの進化

IoTの進化により、製造現場全体のデータを活用した画像認識が可能となります。例えば、センサーデータや生産データと組み合わせることで、画像だけでは検出できない微細な欠陥や生産プロセスの異常を検出できます。

エッジコンピューティング

エッジコンピューティングの進化により、現場でリアルタイムに画像認識を行うことが可能となります。これにより、即時に反応する必要がある品質検査やロボット制御などに画像認識を活用できます。

データの活用

大量の画像データとその解析結果を活用することで、製造プロセスの最適化や新たな知見の発見が可能となります。また、データを共有することで、供給チェーン全体の品質管理や効率化に寄与します。

以上のように、AIやIoTの進化により、画像認識技術の可能性はさらに広がります。これらの技術を活用することで、製造業は品質の向上、生産効率の向上、コスト削減などの大きなメリットを享受できるでしょう。

目視検査
関する記事一覧はこちら

【目的別】
初めての導入におすすめの
AI外観検査3選

AI外観検査の中から、初めての導入におすすめのAI外観検査開発会社をピックアップ。
AI外観検査は、製品や開発会社によって自動化できる対応領域が異なります。
ここでは、自動化したい範囲に合わせておすすめの開発会社を紹介しています。

曖昧な差異や傷も綿密に自動化したいなら
製品の品質担保まで
綿密に自動化したいなら
曖昧な差異や傷も細かく検知できる「オーダーメイド」の
AI外観検査がおすすめ

品質の一定化やヒューマンエラーに課題を感じる企業におすすめ。定量化しづらく、思わず人の判断に頼ってしまっている検査項目も丁寧に検証し、細かく定量化したうえでAIに判断させることが可能。
自社固有の要件をしっかりと採り入れて検査ラインを構築できます。

おすすめの企業
「システムインテグレータ」の
公式HPを見る

単純な検査からまずは自動化したいなら
単純な検査から
まずは⾃動化したいなら
検査項目のカスタマイズもできる
パッケージ型」のAI外観検査がおすすめ

単純作業に人的工数がかかっている企業におすすめ。AIベンダーが保有する既存のAIパッケージに対して、自社の要件に合わせて判断基準をカスタマイズすることで、これまで統一化されていた判断が可能。

誰でも検査が可能であった項目を自動化することができ、オーダーメイドに比べて比較的短期間で導入できます。

おすすめの企業
「マクニカ」の公式HPを見る

目視検査のサポートとして一部自動化したいなら
目視検査のサポートとして
一部自動化したいなら
低価格で導入できる
AI機能付き検査カメラ」がおすすめ

検査そのものの工数から削減し、社員の負担を減らしたい企業におすすめ。画像データを基に、定量化した判定が可能。細かなカスタマイズの対応は難しいものの、比較的低価格で導入することができます。
異常判定が出た部品のみ目視で検査するなど、目視と自動化を使い分けて活用することが可能です。

おすすめの企業「オムロン」の公式HPを見る

2023/4/23時点、Google検索にて「AI外観検査」と検索し、表示された企業のうち、初めての企業でも安心のサポートを提供できる企業として以下3つの内容が公式HPに掲載されている企業をピックアップ。
・撮像の        サポートがあるか
・サーバ・カメラ・照明等のハードウェアの提供
・導入後の運用サポートがあるか        
ピックアップされた企業を「AI機能付き検査カメラ」「パッケージ型」「オーダーメイド」のシステムを提供する企業に分類し、それぞれの項目から条件に当てはまる企業を厳選しています。
「パッケージ型」のみ条件に当てはまる企業が複数社あるため、その中でも「パッケージ型」の特徴である効率的なAI構築に特化している企業として、「撮像」「判定」「運用」の3つのノウハウを統合したワンストップソリューションを提供する「マクニカ」をピックアップしています。