AI外観検査導入マニュアル -がいかん DX-
AI外観検査導入マニュアル -がいかん DX- » 目視検査とは » 目視検査で必要な機器

目視検査で必要な機器

目視検査で必要な機器

目視検査には、ルーペ、カメラ、顕微鏡、色の比較チャート、測定器具など適切な検査器具やツールの用意が欠かせません。ここでは、各器具の主な用途と特徴を解説していきます。

ルーペ(Magnifying Loupe)

用途:小さな部品や微細なディテールを観察するために使用されます。

特徴:レンズが付いた手持ちの拡大鏡で、視覚的な評価を向上させるのに役立ちます。

カメラ

用途:製品や部品の外観を撮影してデジタルデータとして保存することで、検査結果を文書化するのに使用されます。

特徴:高解像度のカメラを使用し、検査員が見逃す可能性のある微細な欠陥を確認するのに役立ちます。

顕微鏡(Microscope)

用途:極めて微細な部品や表面を詳細に観察するために使用されます。

特徴:高倍率のレンズや照明装置が組み込まれており、微細なディテールや欠陥を見逃さないようにします。

色の比較チャート

用途:色の一貫性や一致を確認するために使用されます。

特徴:色の基準となるチャートを備えたツールで、色調や彩度の差異を目で確認するのに役立ちます。

測定器具

用途:寸法や形状、位置などを正確に測定するために使用されます。

特徴:キャリパー、マイクロメーター、高さゲージなどが含まれ、製品が規格に準拠しているかどうかを確認します。

目視検査の検査員には、拡大鏡やカメラ、顕微鏡の適切な利用、色の比較チャートを用いた色調判断、そして各種測定器具を使った寸法等の正確な測定スキルが求められます。
自動外観検査装置(AI外観検査装置)を組み込むことで、検査員のスキルに依存することなく外観検査ができるようになります。もちろんデメリットもありますので、導入前に確認することが重要です。

【特集】AI外観検査のデメリット
について詳しく見る

照明の調整

目視検査における照明の調整は、品質管理や検査の正確性において極めて重要な要素です。照明の調整に関する用途と特徴は以下の通り。

明るさの調整

用途:目視検査での最も基本的な要素の一つであり、明るさの調整は検査対象の詳細や欠陥を視覚的に際立たせます。

特徴:照明の強さや光の方向を調整することで、不良部分や微細なディテールがよりはっきりと見えるようになります。

角度の調整

用途:照明の角度を変えることで、表面の凹凸や欠陥が異なる角度から観察され、見逃されやすい箇所も確認できます。

特徴:斜めからの光で影を作り出すなど、異なる角度からの照明を用いることで、表面の状態をより詳細に視覚化できます。

色温度の調整

用途:特定の色相が問題の指標となる場合、照明の色温度を調整して欠陥をより明確に見分けることができます。

特徴:赤外線や紫外線の照明を使用する場合もあり、これによって通常の光では見えない欠陥や異常を検出することができます。

一様性の確保

用途:照明の一様性が重要で、検査対象全体に均等に照明が当たるように調整します。

特徴:照明が不均一であると、部分的な影や光の偏りが生じ、正確な検査が難しくなります。

影響の最小化

用途:照明による影響を最小限に抑え、検査対象の本来の状態を損なわないようにします。

特徴:適切な照明条件を見つけるために、検査対象に対する照明の影響を検討し、最適なバランスを見つけます。

適切な照明は微細な欠陥検出と検査品質向上に重要で、検査員は環境に応じた照明調整スキルが求められます。

目視検査
関する記事一覧はこちら

【目的別】
初めての導入におすすめの
AI外観検査3選

AI外観検査の中から、初めての導入におすすめのAI外観検査開発会社をピックアップ。
AI外観検査は、製品や開発会社によって自動化できる対応領域が異なります。
ここでは、自動化したい範囲に合わせておすすめの開発会社を紹介しています。

曖昧な差異や傷も綿密に自動化したいなら
製品の品質担保まで
綿密に自動化したいなら
曖昧な差異や傷も細かく検知できる「オーダーメイド」の
AI外観検査がおすすめ

品質の一定化やヒューマンエラーに課題を感じる企業におすすめ。定量化しづらく、思わず人の判断に頼ってしまっている検査項目も丁寧に検証し、細かく定量化したうえでAIに判断させることが可能。
自社固有の要件をしっかりと採り入れて検査ラインを構築できます。

おすすめの企業
「システムインテグレータ」の
公式HPを見る

単純な検査からまずは自動化したいなら
単純な検査から
まずは⾃動化したいなら
検査項目のカスタマイズもできる
パッケージ型」のAI外観検査がおすすめ

単純作業に人的工数がかかっている企業におすすめ。AIベンダーが保有する既存のAIパッケージに対して、自社の要件に合わせて判断基準をカスタマイズすることで、これまで統一化されていた判断が可能。

誰でも検査が可能であった項目を自動化することができ、オーダーメイドに比べて比較的短期間で導入できます。

おすすめの企業
「マクニカ」の公式HPを見る

目視検査のサポートとして一部自動化したいなら
目視検査のサポートとして
一部自動化したいなら
低価格で導入できる
AI機能付き検査カメラ」がおすすめ

検査そのものの工数から削減し、社員の負担を減らしたい企業におすすめ。画像データを基に、定量化した判定が可能。細かなカスタマイズの対応は難しいものの、比較的低価格で導入することができます。
異常判定が出た部品のみ目視で検査するなど、目視と自動化を使い分けて活用することが可能です。

おすすめの企業「オムロン」の公式HPを見る

2023/4/23時点、Google検索にて「AI外観検査」と検索し、表示された企業のうち、初めての企業でも安心のサポートを提供できる企業として以下3つの内容が公式HPに掲載されている企業をピックアップ。
・撮像の        サポートがあるか
・サーバ・カメラ・照明等のハードウェアの提供
・導入後の運用サポートがあるか        
ピックアップされた企業を「AI機能付き検査カメラ」「パッケージ型」「オーダーメイド」のシステムを提供する企業に分類し、それぞれの項目から条件に当てはまる企業を厳選しています。
「パッケージ型」のみ条件に当てはまる企業が複数社あるため、その中でも「パッケージ型」の特徴である効率的なAI構築に特化している企業として、「撮像」「判定」「運用」の3つのノウハウを統合したワンストップソリューションを提供する「マクニカ」をピックアップしています。